2016年5月5日木曜日

EDMについての所感

今回は、EDMに対する私の考えを書きたいと思います。
抽象的で宗教みたいな、気持ちの悪い話になります。
でもジャンルについて書く上で外せない要素もあるので…すいません、ご了承ください。

EDMイベントをやっている現状

私は香川県でEDMメインのクラブイベント「安直」を主催しています。
初めて会う方に自己紹介やらイベントの紹介やらをすることがあるんですが…
正直、
「EDMのイベントやってます!EDMのDJです!」
と言うのは気まずいです!
胸を張って言えたことがない!
苦笑いしながらしか言えない!
なぜか。「EDM」という言葉にあんまりいいイメージがないからなんですね。

EDMって何?

そもそも「EDM」とは何を指すんでしょうか。
言葉自体は「Electronic Dance Music」の略です。
それはさて置いて、結論から言うと私にはよくわかりません。
なんじゃそりゃ、と思われたかもしれませんが、実際わからないんです。
2014年頃は自身の無知もあって「キックがバカ強い四つ打ちの音楽」と答えていました。
あの時期はああいうのが流行っていたと思います。
EDMガチンコ勢の間で「EDMとは論」になると必ずPLURという言葉が出てきます。
  • Peace(平和)
  • Love(愛)
  • Unity(協調性)
  • Respect(尊敬)
の頭文字を取った言葉です。
(「プラー」と読むのを最近知ったんですけど、「ピーエルユーアール」と読んでいます。)
「EDMはこの4つの要素から成り立つもの」
という説明をよく見ます。(EDMガチンコ勢の間でだけですが)
この4つの要素に… ヒップホップっぽく言いますと、この4つのエレメントを含んだフェスやレイヴという"概念"がEDMだと、私は思います。

行動の面から言うと、フェスでみんなが笑いながら盛り上がってる、水着の女性が肩車されて盛り上がってる、すげぇ自分の国の旗振ってる、芝生で寝転んで自撮りしてる、のような、"だいたいああいう感じ"のがEDMだと思います。

音楽の面から言うと、テクノやハウスみたいな四つ打ちで、なんか音圧が高くてシュゥ〜〜…と音が小さくなった後にボカーン!とアタックが入って女性ボーカルが流れ出す…であるとか、ハウスっぽいけどやっぱりなんか音圧が高くて小洒落たPVがついてたりする、"だいたいああいう感じ"のがEDMだと思います。

じゃぁテクノやtrapやトランスなどはEDMなのか?わかんないです。
世界EDM委員会が集まってゼーレみたいな円卓で決めてる事柄ではないので、特に決まっていないと思います。
だいたいさっきの4つのエレメントがない音楽なんかパンクとかロックくらいしか思いつかないです。
童謡にすら平和と愛と協調性と尊敬の心が込められていると思います。
そもそもちょっと厳しく(無理矢理感が)ないですかこの
「plurに基づいたものがEDM」
という理屈って。

でも今やヒップホップは
  • ラップ
  • DJ
  • ブレイクダンス
  • グラフィティ
の4つのエレメントから成るものです。
もう"そういうもん"です。
EDMは、言葉自体は結構前からあるらしいですが
ここ数年で認知されはじめた言葉です。
これから"そういうもん"になっていけばいいと思います。

EDMはイメージが悪い?

EDMはイメージが悪く、貶されてるんでしょうか。
正直、『パリピ(ヤンキー)が盛り上がって馬鹿騒ぎするだけの曲』と思う方も多いと思います。
最近頓に思うんですが、
「パリピが馬鹿騒ぎするから音楽として質が悪い」
と思われている方も少なからずいらっしゃるんじゃないでしょうか?
それは違うと思います。
パリピがDJのいびきを延々録音したトラックとか、屁の音のトラックで馬鹿騒ぎしてたらそれはイメージが悪くなると思いますが、曲としてはちゃんとしてます。売ってる物だし。

「似たような構成の曲ばっかりでアホくさい」
こう思ってる方もいるんじゃないですか?
これは僕もたまに思います。
「歌詞以外ほとんど造りが同じじゃねぇか」みたいな曲はたくさんあります。
(しっかりとは比較したことないですが、たぶん)

なんでこうなるんでしょうか。
J-POPみたいなもんだから?
(J-POPではイントロ→Aメロ→Bメロ→サビみたいな構成が原則守られてると思います)
まぁこれは"そういうもんだから"と割り切るとこかなと思います。

他の音楽と比較してどうなの?

EDMは他のジャンルと比較されることが多い気がします。
想像で書きますけど
「EDMで馬鹿騒ぎするのもいいけどたまにはしっとりとしたハウスで〜」
だとか
「EDMはかからないですけどドラムンベースはずっとかかります!」
だとか。
言われてるのが絵に浮かびませんか?
僕の被害妄想かもしれません。
他の音楽と比べる必要があるんでしょうか?
ツイッターとFacebookを比べますか?あれ、比べますね。
自分で言ってて比べる必要がある気になってきました。

一瞬焦りましたが、
「パスタは麺が細くて美味しいし綺麗でシャレてるけどうどんはファックだ。いりこ出汁でゲロが出る。」
と言う話になるでしょうか。あれ?なるな。なりますね。

………「比較するのはいいけど比較対象を貶める必要はないんじゃないでしょうか、まして音楽の話だし」
ということが言いたかったんです。文章力と語彙がなくてすいません…。。

EDMという言葉のこれから

これからもEDMという言葉は残るんでしょうか。残ると思います。便利だから。

「あ、またこういうフェスがあるのか」「EDMのフェスだね」

「このトラック…(バカパクキックなトラックやらブレイク明けのドゥ--ン!!!(©︎村上ショージ)を聴きながら」「EDMっぽいね」

便利ですよね。もちろん
「プログレッシブハウスやバウンスのフェス」
だとか
「最近流行りのビッグルームっぽいね」
と言っても全然いいと思います。
話を戻しますと、上記の例のような使われ方で残ると思います。
なんとなく。勘ですけど。

EDM DJはトラックメイクをしないといけないのか?


  • EDM DJは自分でマッシュアップやトラックを作らないといけない。

DJとしてEDMに関わっている方はEDMガチンコ勢からこういう話を聞いたことがあると思います。
そこまでマッチョな必要、あるでしょうか?僕はちょっと疑問に思います。
DJはディグしたトラックでお客さんを湧かせるのがお仕事です。
制作ができる人はガンガン作って、作成が全然ダメな人はいい曲を探して…
でもいいんじゃないでしょうか。
というかいわゆる「EDM DJ」というのはいわゆる「DJ」とは違います。
下のような意見も耳にすることがあるかと思います。
  • EDMアーチストのライブは自曲でのパフォーマンス。DJとは根幹が異なる。
この話については日本で言うと、トーフビーツさんやseihoさんのライブを想像するとわりとわかりやすいかと思います。
DJではないんです。じゃぁトラックメイカーって名乗ればいいのでは??
チラシやWebサイトに出演者の記載をする際に、"DJ"のほうがピンとくるから今さら無理になってるのかなぁと思います。
そういえば最近「ラインナップ」という表記をよく見ますね。
こういう事情も関係してるんでしょうか…?
話がそれましたがまぁその…
私がマッシュアップやトラックメイクがさっぱりで、「EDM DJ」と名乗るのに負い目があるので、もう少しゆるい感じになったらな〜という願望からの意見でした(苦笑)

終わりに

いろいろ書きましたが、とにかくEDMという概念は楽しいものです。
私は全然耳が肥えていないので深い聴きこみはできないのですが、
もしかしたらああいう音楽は音楽として高尚ではないかもしれません。
低年齢向けで、成熟した大人が聴くものではないのかもしれません。
でも楽しいものです。素晴らしいことじゃないですか。
気取って聴けたり、最近ではカラオケにも入ってたりします。
音楽なんてものは、そういうのでいいんじゃないでしょうか。

ズバリ言うと、EDMは大衆ウケがいいジャンルなのだと思います。
そしてその大衆にヤンキーがいっぱいいるだけなんだと思います。
で、ヤンキーが騒ぎまくってパリピになり、イメージも悪くなり…と。
そこには、EDMの方向性について日本で旗を振る人がイマイチいないことであったり、いろんな企業がわけのわからない商業的なことをしたせいもあるかと思いますが…。。


あんまりこういうこと言うと「面倒くさそう」だとか、「気持ち悪い」だとか思われそうなので言わないんですが、(実際顔は気持ち悪いんですが)全く言わないと自分の意見も忘れてしまいそうなので、今回つらつらと書いてみました。
長々と駄文を読んでいただき、ありがとうございました。

2016年4月11日月曜日

rekordbox4が「Unexpected application error」で落ちる

【現象】
rekordbox使用時に、「Unexpected application error」が発生して落ちる。
起動直後に出たり、しばらく動かした後に出ることもある。
rekordbox 4.0.0以降すべてで発生。


Pioneer DJのサポートに問い合わせしてdmpファイルを解析していただいたところ、
ビデオカードのドライバがエラーを吐いているらしく、
ビデオカードのドライバ更新が対処として有効であるとのこと。

仕様の違いから、rekordbox Ver.4は最新のビデオ環境を
必要とする場合がある、とのことだった。


さっそくドライバを更新。
2時間位使ってみたけどエラーは出ない。
しばらく様子見かなぁ。

このエラーがほんとに嫌になるくらい出てたので、
これで直るとむちゃくちゃスッキリしそう。



※本ブログを見て行ったことによる損害などには一切責任を持ちません。
 エラーの対応などは全て自己責任の元、実施をお願いします。

2015年5月19日火曜日

DJ CITYを一週間ちょっとくらい使ってみた感想

結果から言います。ちょっと損した気分になっています…。
※ちゃんと下調べせずに登録した僕が100%ダメです。
 DJスタイルによってはかなりお得なサイトだと思います。


レコードプールってのがありますね。
詳細は以下のページで詳しく紹介されています。

【スタッフコラム】レコードプール使ってる?

で、僕も先日人に進められて、DJ CITYというサイトに登録してみたんです。
DJ CITYは3ヶ月1万円で曲をダウンロードし放題のレコードプールサービスです。
3ヶ月1万!ちょっと高く感じますね…。

で、今までbeatportで曲を買った履歴を調べてみたんですが、
僕はイベント前の2ヶ月くらいで1~2万円
(少なくとも7千円)くらいは使ってることがわかりました。

じゃぁ…思い切って登録してダウンロードし放題環境に
突入したほうがいいんでないの!?と思って登録して
一週間くらい使ってみたんですが…

個人的な感想ですがメリット/デメリットを以下に書きます。


メリット

  • ダウンロードし放題

これはでかいです。1万円払ってしまえば、曲を落とすのに
なんのストレスもないです。寝る前にスマホでちょっと視聴して
次の日に寝ぼけながらダウンロード…なんてのもできちゃいます。
毎日余裕を持って曲が買えます。

  • 毎日新曲が公開される

これも大きいです。最新を追い続けるDJの方にとっては
これはかなりいいポイントだと思います。


  • アカペラ音源が落とせる

これはマッシュアップやeditをするDJの方にいいかなと思うんですが、
肝心の音源数が少ないような気が…。。


  • 毎月のヒットチャートが見られる

これもいいなと思いました。今までのヒットチャートを
ジャンル別に、月別に見られます。
2015年5月現在、2014年の1月のチャートまでは
見られましたので、1年くらい前までは追えるようです。

どの音源も320kps
iTunesで買うとビットレートが低かったりしますし、
これはちょっと嬉しいですね。

デメリット

  • 曲が少ない

曲自体も少ないですし、何よりジャンルが狭い!
ヒットした曲やヒットしそうな曲ばかり集めているんでしょうか?
もうほんとにメインストリームでバシバシお客さんを
アゲていくDJさん向けのサービス、という感じがします。
ちなみにジャンルはこんな感じ。
テクノやドラムンべースがねぇ!
(これくらいは課金する前に気づけよと今さらながらに思った)
あと探してみてわかったんですけどトランス系が全然ない気がする…
これが結構痛いです…。


  • 曲が探しづらい

これはこういう類いのサイトとしては致命的かな?と思いました。
レーベル検索、アーチスト検索がないです。
アーチスト検索くらいできてよ…。。


  • 音源にアートワーク、アルバム名が入っていない

iTunesに入れた時のストレス…
アルバム名は、アルバムに入る前にレーベルから
送られてきたりするのかなぁと思うので、
まぁしょうがないかなと思います。
(勝手な想像ですけど)


  • フリー音源が混じってる

↑でアートワークを検索してて気づいたんですけど
曲名で検索したらサウンドクラウドがよく出てきます。
で、よく見たらダウンロードできたりする。
なんじゃそりゃ!って感じですね。
でもフリー音源のいいやつをサンクラ巡りしなくても
探せるのはメリットかも知れません。
フリー音源、知った時にはすでにダウンロードできなくなってた…
なんてこと、よくありますし!


  • 視聴の音量調節ができない

地味~に結構ストレス。
僕が見落としてるだけで、どこかに音量調節ボタンがあるのか…??


とまぁ、思うままにメリット・デメリットを挙げてみましたが、
ほとんど毎週どこかのクラブでDJをするようなDJの方には
凄い良いサイトかなと思います。
(常に最新のものを落とせる、ヒットの動向がわかる)
あとヒップホップの曲は全然落としていないので、
ヒップホップDJの方にとってどうなのかはわかりません!

ダウンロードの仕方は曲のインフォ画面を開いて、
5段階の評価をプルダウンから選択して、リンクから
ダウンロード、という形式です。
beatportみたいにダウンローダーはないのでちょっと不便ですけど、
これは慣れれば全然どうってことない手間だと思います。

曲の少なさって実際どんなもの?
と気になる方は、好きなアーチスト名で
DJ CITY内を検索してみてください!
有名ドコロやちょっとマイナーなアーチスト5人分くらい検索してみれば、
ダウンロードできる曲がどのくらいあるのかだいたい見えてくると思います。

2015年5月9日土曜日

Cross DJで解析したファイルをrekordboxに取り込むと、ビートグリッドがずれている

解決していないので、現象だけ書きます…。。。

グリッドやキュー情報をそのままrekordboxへ同期できる
Cross DJのrekordbox sync機能。



PCDJ感覚で仕込み、CDJでプレイすることが
できそうでいいですね。

で、この機能なんですが、Cross DJで解析したファイルを
rekordboxで読み込むと、どうもbeatgrid(以降、ビードグリッド)がずれてるんです。

Cross DJにて解析。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが黄色い(赤矢印のとこ)がグリッドの打ち始めです。

で、この二曲をrekordboxにて取り込み。


ずれてる…。。
(こちらも、黄色いがグリッドです)

rekordboxで解析し直すとちゃんと直ります。


公式フォーラムにも同様の現象に悩まされているっぽい方が
いらっしゃいました。


(英語は読めないんですが…たぶんこの現象だと思います。)


ツイッターで聞いてみたところどうも1年半以上この状態らしいし、
もしかしてまだしばらく放置なのかなこの現象…。。

Cross DJ、お金出して買っちゃったのでもう少し
調べてみようと思います。

Cross DJ向けのXDJ-AERO MIDIマッピングファイル

設定したグリッドやキュー情報がrekordboxでそのまま
使用できると聞いたので、MIXVIBES社のCross DJというソフトを買いました。

で、僕が持っているMIDIコントローラはPioneer社のXDJ-AEROなんですが、
なんとCross DJはこのコントローラに対応していないため、
手動でマッピングしてやらないといけません。

で、手動でマッピングしてみたところどうもうまくいかない。
設定XMLファイルを見てみたところ、parameterの値が
壊れているようでした。

で、探してみたらサポートフォーラムにマッピングファイルを
アップしている方がいらっしゃいました。

XDJ AERO Mapping

インポートしてみたところうまく使えそうでした。
よかったよかった。

2015年2月26日木曜日

rekordboxで変えろ!ディスプレイの色!

rekordboxの、ちょっとどうでもいい機能の紹介をします。

rekordboxからUSBデバイスに曲をエクスポート
できますが、USBメモリをCDJに挿した時の、
ディスプレイの色の設定をUSBデバイスに
持たせることができるの知ってました?
(変な日本語ですいません)

ここで設定ができます。


ご存じの方も結構いらっしゃるかと思いますこの機能!
先日ちょっと機会がありまして、CDJ-2000で試せたので
その際の写真をアップします。

まずは設定なし。(デフォルトカラー)
おなじみの見た目ですね。

次にピンク。
(どの写真がどの色だったかわかんなくなっちゃったんですけど、赤かも?)

赤。(上に同じく、ピンクかも?)

オレンジ。あんまりオレンジっぽくはなかったです。

黄色。

緑。僕はこの色が好きです。

アクア。(たぶん…)
きれいな色でした。

青。(もしかしたらこれがアクア…?たぶん青。)

紫。The・ケバいみたいな色でした。

CDJを4台使ったりする人が、どのCDJになんのUSBが
挿さってるか瞬時に判別するための機能らしいです。

CDJ-2000で色が変わったので、CDJ-2000nexusでも
変わると思います。

4トラックを同時に操るようなシュッとしたDJは僕には
できないので、あんまり縁がない機能でございます…。


(でも見た目から入ったりちょっとした事で気分を変えるのって大事だと思うんですよ!僕は緑色が好きなので、緑をUSBに仕込んでいこうと思います!)

2015年2月18日水曜日

Traktor、rekordboxの個人的な比較

Traktorからrekordboxに乗り換えて数日経つんですが…
Traktorは賢かった!
バグがあったり日本語での曲検索がいつまでたっても
うまくいかなかったりクソバカなところもありましたが
やはりあのソフトは凄かった!

以降、rekordboxを使用してみて、Traktorと比較しての感想です。
(今のところJ-POPと日本語ラップしか読み込んでいません。その状態でのレビューです)


1)BPM測定能力がショボい
これがつらい!マジでショボい!なんだこれ!
あくまでTraktorと比べてですが…
およそ4年間、TraktorではBPM自動解析に任せて
グリッドの打ち直しやBPM手動打ち込みは
ほとんどしてきませんでしたが
rekordboxでは打ち直し打ち直し打ち直し!
出るわ出るわロック曲での反拍ズレ&BPM半分で検知!
おまけになぜかサンプリングで作成されたような
ヒップホップに弱い…のかなこのソフト…?
スチャダラパーの曲のBPMが全然あってない!
サマージャム'95のBPMが140てアータ!
わりとキックのはっきりした読み取りやすそうなJ-POPでも
半拍ズレが出まくっててだいたいグリッドの打ち直し…
元々、BPM検出能力が凄いと聞いてTraktorを
買ったんですが、本当にTraktorは凄いみたいです!
あと70以下のBPMが検出できない!
チルアウトやアンビエントが…オォ…
というか上限は499て。上限の2、30を
下に回してくれー!!



2)凄いぞインテリジェントプレイリスト!でも頑張れ!
これはrekordboxのメリットなんですが、iTunesでいう
スマートプレイリストみたいなのが作れます。
コレクションの中から条件を指定してプレイリストを自動作成するという機能です。
iTunesのスマートプレイリストに比べて
付けられる条件がショボいというのがイマイチなのですが…
アップデートに期待ですね!

設定できる条件は以下画像のような感じです。

ジャンルごとのプレイリストに曲を分けているので、
「このプレイリストの中の」という条件がほしい…切実に…。。


3)便利なカラムブラウザ!
これもrekordboxのメリットです。
曲のブラウズにiTunesのカラムブラウザのような「カテゴリーフィルター」という
表示形式が使用できます。
iTunesみたいで見やすいですね。
これは確かTraktorではできなかったと思います。
(すいません、持ってる曲を漏らしたくないので画像はモザイクかけてます…画像に載ってるのはクソドメジャーな曲ばかりなんですが…)

また、beatportのような「マイタグフィルター」という
表示形式も使えるようです。

切り替えはこのボタンにて。


こんな感じです。
今のところBPM検出能力がショボいのが結構つらいです。
特にヒップホップの解析がボロボロなんだけど
ヒップホップの人使えないよなこれ…。。